2007年最後のMG ユニコーンガンダム Ver.Ka
発売前から驚異の変形ギミックで話題だったキットですが
そのギミックは驚嘆すべきものでした。
両モードとも変形の複雑さはあるものの連動機構もあり
スタイリングは抜群です。
ひざの可動や足首の接地面に不満は残りますが
その辺をじっくり考えながら改造すれば(できるかな??)
ポージングも取れるようになり最高のものでしょう。
今回はタイムトライアルだったので素組み&デカールはキット付属の物を使用していますが
コーションシールはやはり段差がでるのと
シール周りの黒ずみは避けることが出来ないようです。
(機体が白いので黒ずみが余計に目立ちます。)
水転写デカールが発売になれば問題はないと思いますが、そこは Ver.Ka!
デカールの量が半端ではないです。
今回は全塗装していますが変形、パーツのクリアランスを考えると
表面処理をきっちりやってフラットクリアーで仕上げ、部分塗装するのが無難だと思います。

機動戦士ガンダムへ

キャッシングするならココ
融資を実現するのは会社の選び方次第深く悩まず、今すぐお気軽にどうぞ!